第4回 畑の学校 10月18日(日)

は冷たい空気がひんやり、だんだんと肌寒くなってきましたね。

10月18日の日曜日の朝はお天気に恵まれ気持ちいい朝を迎えることができました。

当日の参加者ですが、秋の行事が重なり、泣く泣くご参加できないご家族も多く、当日はいつもより少ない人数でしたが、皆さん休みの方の分も一生懸命頑張ってくださいました。

当日参加者は、

17組のご家族   合計58名

今回は収穫できるものも豊富にあり、皆さんの手際もよく順調に作業も進みました!

収穫したものは・・・ なす、にんじん(間引き)、かぶ(間引き)、だいこん(間引き)、小松菜(収穫) です!

袋がいーっぱいになりました!!

では畑の様子をご覧ください♪

     
 園山講師が1ヶ月間の様子を説明。いのししやもぐら等、畑に出没で被害があるかもしれないとのお話。有機農業ならではの虫くいによる被害の話もしてくださいました。必ずしも植えたものが育ったり当初の数がある訳ではないんですね〜。  にんじん畑では間引きを兼ねて収穫。皆さんたくさんとれました! にんんじん葉がわんさかしています! 袋いっぱいになりました!!
     
 なすも収穫しました!はさみでチョッキン!上手ですね!  これはなんでしょう?正解は・・ズッキーニです。1ヶ月でこんなに!?大きくなっています。収穫できるズッキーニを探します。  すごいですね〜!!お顔より大きいのが捕れましたね!!
     
 これは小松菜です。1ヶ月前に種を蒔きました。小松菜は1ヶ月で収穫です。  小松菜の収穫、大量です!皆さんいい笑顔♪ わ〜!たくさん収穫できましたね!! 
     
 よいしょっと!小松菜も大量にあるのでみなさん頑張ってくれました!  かぶが少し見えています。間引きも兼ねてかぶも収穫しました。  収穫したあとは畑の手入れをしました。じゃがいものは桑を使って草を取り、生長したじゃがいもに根の元に土かぶせをしました。
     
ぎしぎしも伸びている部分を刈ってもらいます。気を付けながら釜も使います。   なすの畑。根元の草を草取り釜を使ってかりました。手でひっぱらないのは草をとったと同時になすの根を痛めないようにする為です。  子供達がキャベツブロッコリー畑っで葉についている虫の卵を見つけています。虫に食べられて痛まないように園山農園のみなさんが先月から今日まで卵を落としたり虫を払ったりしてくれています。
     
 たまごの観察中!  畑にはたくさん昆虫もいました!  ねぎの畑。しゃきんと育っていますよ。
     
 大根畑。間引きしたあとです。大きくなりますように!  間引き後のにんじん畑。  収穫後は園山さんの奥様がふかしいもを作ってくださっていて、みんなで味わいました!んーおいしかった!!
     
食欲の秋!のおいもを食べながら成見先生の生き物講座です。秋の紅葉や鳴く虫、季節ごとの変化を話してくださいました。日本には四季があるので日本人ならではの感性が子供達に育んでいってほしいですね。  おいもがおいしくてとまりせんね!! 今回収穫できたものは皆さんで分けて持って帰ってもらいました。ズッキーニも当日よりも前に収穫できていたので園山さんが冷蔵庫で保管してくださっていました。 


回は前回植えた作物が収穫できたり、収穫がメインとなった一日でした。

人数は少ないでしたが、作業も皆さん頑張って頂き順調に進んでいましたね!

今回参加出来なった方も多かったですが、次回また収穫できるものがあればみなさん一緒に収穫しましょう!!

次回は11月15日(日)です。

回もみなさんのお越しをお待ちしております☆